« 女子中高生ユニットPower Ageに、同世代女子も涙メゾピアノ | トップページ | 海を見てきました。アディダス »

2008年4月26日 (土)

役所から重要書類遺族年金

亡夫の遺族年金が主な収入だ。

正一さんの扶養家族のヒデさんは、保険料を払う必要がなかったが、新制度で徴収対象に。

政府・与党合意で半年間は免除されるが、10月に年金からの天引きが始まる。

正一さんは年収約350万円。

当然 推進委員会と店長と職員全員で取り掛かった結果です! 担当講師は、前田美和子さんです。

学習会のテーマは「社会保障と生命保険」 保険のしくみ、遺族年金のしくみ、医療制度のしくみ、と医療保障の選び方を学習しました。

当然 お聞きしたいのは、もし、父・母とも他界してしまった場合私(20代)に国からの何らかの支給(遺族年金など)はあるのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

生命保険を使った相続対策 これで安心! 著者:染宮勝己出版社:中央経済社サイズ:単行本ページ数 遺族年金を受けるために隊長命令説がでっちあげられたという原告の主張も退けられた。

それにしても罪深いのは、この裁判が起きたことを理由に、昨年度の教科書検定で「日本軍に強いられた」という表現を削らせた文部科学省である。

遺族年金は知らなくてもいいことなのかもしれない。だから 裁判長は住民証言を重視したと言うが、赤松守備隊長が戦後、沖縄の遺族が遺族年金を受け取れるように敢えて罪を被ってくれたという住民の証言も出ている。

また、大江氏が「沖縄ノート」を書いた時の裏づけ取材も十分でなく

« 女子中高生ユニットPower Ageに、同世代女子も涙メゾピアノ | トップページ | 海を見てきました。アディダス »